保護者の声|いしど式そろばん公式サイト

保護者の声

保護者さまより多くの声をいただきました。

いしどから保護者のみなさまへ

子どものやる気を伸ばすために、何より大切なのは親の応援です。

子どもたちのやる気を伸ばし、未来を切り開く力を育てる、いしど式のそろばん教育。本冊子をご覧いただき、その特徴と魅力を感じていただければ、とてもうれしく思います。しかし最後に、私たちが保護者のみなさまへお願いとルールがあります。
それは、いしど式の教室に通わせてからも先生と同じ思いで子どもに寄り添い、ひとり一人のやる気を伸ばすために親としてできる惜しみないサポートです。子どもには、短所もあれば長所もあります。
どんなに楽しいことでも、飽きやすい子どもは「行きたくない」と言い始めるときもあります。でも、それは一時的に飽きただけで大好きな先生や友だちを大切に思う子どもにとって、「やめたい」の意味ではないことがほとんどです。
先生には、教室で知識や技術、的確な指示や声援を送ることができますが、しかし、子どもの個性や気持ちに常に寄り添い、苦しくても目標に向かって一緒に歩んでいけるのは、他の誰でもない保護者のみなさまだけなのです。
だからこそいしど式は、保護者と先生と子ども、三者の努力がかけ算となったとき、より確実にその効果を発揮することができると考えています。子どもを応援する日々は、親にとっても大きな成長を与えてくれます。ぜひ、最大のサポーターとなって、いしど式と共に子どものやる気を伸ばしてください。

  1. 子どもの気持ちや成長に
    関心を持ってください。

    子どもが一番ほめてほしい、認めて欲しいと思っているのは「親」です。先生はプロとして、子どもがたくさんの努力ができ、目標を達成するための指導をします。保護者のみなさまは、その結果を心から喜び、ほめ言葉として子どもに伝えてください。

  2. 我が子を他人と比べないでください。

    子どもの成長には個人差があり、人間だれでも得意不得意はあるものです。「誰かと同じようにできたか」という評価ではなく、自分自身ができるようになったかという軸で子どもを評価をしてください。

  3. 子どもの挑戦を応援してください。

    できないこと、困難なことから子どもを守るのではなく、達成することの喜びや、自己肯定感を育てることが大人の役目です。もし子どもが壁にぶつかっても共に乗り越える気持ちで支え、乗り越えたときには大いにほめてあげてください。

各教室へのお問い合わせはこちら